阪神、2度サヨナラ機しのぎ引き分けも…継投失敗で7回無失点の青柳の今季初勝利消える

タイガース

1

 「ヤクルト2-2阪神」(17日、神宮球場)

 阪神のリリーフ陣が八回につかまり、7回無失点と好投した先発・青柳の今季初勝利を消してしまった。九回、延長十回のサヨナラのピンチをしのいだものの、青柳の好投に報いられなかったことが心残りな試合となった。

 阪神は四回、大山の2号2ランで先制に成功。青柳が7回まで無失点と好投し、八回以降は救援に後を託した。

 しかし、2-0で登板した2番手・能見は先頭の代打・荒木を三ゴロに打ち取ったものの、続く代打・大引、さらに2番・青木に連続四球を出してしまう。

Sponsored Links

 矢野監督はここで右腕のジョンソンにスイッチ。すると、初球の変化球が抜けて頭部をかすめる死球になってしまった。

 危険球の判定はされなかったものの、1死満塁の大ピンチに。4番・バレンティンに初球を左前に運ばれ、2者が生還。青柳の今季初白星が消えた。

 ジョンソンは続く雄平、西浦は連続三振に打ち取ったものの、結果として継投が裏目に出た。

 その後は、九回に1死三塁の場面でスクイズを阻止。延長十回に無死満塁で桑原がバレンティンを併殺打に仕留め、サヨナラを許さないなど、正念場で踏ん張り引き分けに持ち込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000162-dal-base

続きを読む

Source: とらほー速報

Sponsored Links

コメント